「やさぐれパンダ 白盤/黒盤」(DVD)

原作:山賊「やさぐれぱんだ」
脚本・監督:堀部圭亮
青年:堺雅人
ぱんださん(声):生瀬勝久


原作の絵本を立ち読みしたことがあるんですけど、面白かったです。
DVD発見して、ぱんださん(声)は生瀬勝久って見た瞬間借りること決定でした。
しかも、脚本・監督が堀部圭亮!?青年が堺雅人!?

何この豪華さ!!(笑)

絵本通り、シュールでした。
寧ろ、絵本以上にシュールだったかもしれません(笑)
青年とぱんださんの上下関係がどんどんわからなくなりました。

大笑いっていうかゲラゲラ笑うことは一度もありませんでした。
でも、全部「クスッ」てきます。
「クスッ」て。

これをほぼ全てのエピソードが一発撮りで、音も基本的には同時録音だったというから、驚きです。
現場でスタッフの笑い声がNGだったらしいですよ。
公式ページの「園長の日記」に書かれていました。

私なら絶対無理です。
耐えられません。


クスッ。



「やさぐれぱんだ」公式ページ
[PR]
by yumeki_s | 2007-09-02 21:48 | 感想いろいろ